2009年1月21日水曜日

韓国料理研究会・・・Part3

              きれいな色に仕上がりました。
         1週間くらい置きますと味が落ちついておいしいです。
              早く食べたい時には、
             大根を少し小さめに切るのもコツです。


< 大根の角漬け>

材料;


大根            1本(葉の部分も含む)
塩             大さじ 4
青ねぎ           1束
おろしにんにく       大さじ 2
おろし生姜         大さじ 1
おろし玉ねぎ        1個分
アミ漬け          大さじ 1
唐辛子粉          約30g~40g

作り方;

1.大根は1.5cm位の大きさで四角い形に切って、塩漬けします。
  (葉の部分もきれいに洗って1.5cmに切って入れます)
2.青ねぎは1cm位に切って、にんにく、生姜はすりおろします。
3.唐辛子粉はお湯でよく溶かします。
4.1の大根がしんなりして来たら、ざるにあけて水気を切ります。
5.アミ漬けと2,3を4の大根と混ぜます。

3品目は、「大根の角漬け」を作りました。

白菜キムチもおいしいですが、
「大根の角漬け」も、作り置き出来ますので、
冬のおいしい大根で作るといいのではないでしょうか。
1週間くらい置きますとよりおいしいようです。
清水先生、
また今年もおいしい料理を紹介してください。

2 件のコメント:

とり さんのコメント...

美味しそうな大根ですね。旬のときに旬のものをいただく。この上ない贅沢なことです。
 大寒を迎え、本格的な寒さが身にこたえます。この寒さを乗り越えれば、暖かな春がやってきます。
 どうぞご自愛のほどを。 とり

いのしし さんのコメント...

今週は、料理のことが多く投稿しました。
おいしく食べたいですから。
人間、おいしいものを食べますと
元気が出てくるものです。