2008年5月18日日曜日

いわき・「炭礦を描いた仲間達」



              クリックして大きくして見てください。
              今日5月18日(日)PM6時までです。



             クイックして大きくして見てください。
     「内郷 たから物 見て歩き・・・炭鉱・史跡マップ」より参照
              内郷ふるさと振興協議会発行


              クイックして大きくして見てください。
                下記の写真と対になります。


                クイックして大きくして見てください。




              クイックして大きくして見てください。
              下記の写真と対になります。




               クイックして大きくして見てください。





              クイックして大きくして見てください。
                下記の写真と対になります。





               クイックして大きくして見てください。







               クイックして大きくして見てください。
             内郷地区の炭鉱史年表です。
             貴重な資料となっています。



5月8日~5月18日までいわき市平の「ELICONA」で
若松光一郎さんと親交があった仲間達による展覧会が開かれていまして、
(そのことを、歴史サークル「なるほど歴史塾」の友人から聞きました。)
鑑賞してきました。
私も父の仕事の関係で、懐かしい光景が目に浮かんできました。
特に若松さんの
「ズリ山雪景」パンフレットに描かれています絵です。)
「石炭を運ぶ女たち」は、
印象に残る絵ですね。
こうした貴重な絵が常設できないのは残念ですね。
市には、常磐炭田の絵はあるらしいので、市の美術館で、常設してほしいですね。
関連資料として、上記のような「内郷ふるさと振興協議会」さんの
「内郷 たから物 見て歩き
・・・炭鉱・史跡マップ」
がありましたので、
貴重な資料ですので紹介します。

「炭鉱(ヤマ)へのまなざし
・・・常磐炭田と美術」
いわき美術館発行がありますので、
図書館などで見られてはいかがでしょうか。

絵を鑑賞して、懐かしさと同時に、
画家たちの
その時描いた歴史的感情が、
描かれていますことに感動した展覧会でした。

1 件のコメント:

とり さんのコメント...

 いのししさんのブログを拝見させていただき、しみじみと歴史を学ぶことは大切なことだと感じています。 とり